統計学的検定入門記事一覧

統計的検定の結論は1つだけ。○○かそうじゃないかを決めること

統計学的検定。このページを見ているあなたは、この言葉を一度は聞いたことがあると思います。でも、実際にどうすれば・・・?っていう想いがあって、このページを見てくれているのかなと思います。その疑問に答えていけるようにしますので、ぜひ最後まで学んでくださいね。検定って?世の中には検定と呼ばれるものが数多く...

≫続きを読む

αエラーとβエラー。この2つのエラーは誰にとって不利益になる?

・αエラーとβエラーってなに?・どっちがどんなエラーだっけ?・エラーが起こるとどんな不利益が発生するの?あなたも、そんな思いを持っているかもしれません。判断する時に起こる二つのエラー統計学的検定は「有意差あり / 有意差なし」を決めること。このページで、そう説明しました。ところで、検定は一般的な表現...

≫続きを読む

帰無仮説と対立仮説。あなたはどっちの仮説を採択したい?

・帰無仮説って何・・・?・対立仮説って・・・?・そもそも検定するのになんで仮説が必要なの?統計の検定といえば、P値が0.05を下回るかどうか。それだけを考えていませんか?確かにそれだけ知っていれば、結論の部分は解釈できます。でも、ちゃんと仮説を知っておくことはすごく大切です。なぜなら、P値がどういう...

≫続きを読む

有意水準とP値は同じ?赤点から学ぶ検定の手順の重要性

有意水準とP値を一緒だと思っていませんか?有意水準とP値を,混同して使われている方にしばしば出会います。ですが,この2つの用語は全く別物ですので,このページではっきりとさせましょう。全然難しくありませんので。赤点のボーダーラインは?みなさん,中学や高校の時のテストで「赤点」って聞いたことがあると思い...

≫続きを読む

片側検定と両側検定の違い。あなたの興味が1つか2つか

片側って?両側って?検定の種類に、片側検定と両側検定という、2種類の検定方法があります。何が違うかというと、「興味のある方向が1つだけかそうじゃないか」ということです。…おそらく、これだけでは何のことかわかりませんね。コイン投げの例を考えてみるコインを100回ぐらい、投げてみます。その時に、「表が出...

≫続きを読む

パラメトリックとノンパラメトリック。データの分布は確認した?

パラメトリック検定とは?平均値と中央値が違う場合、でも少し触れていますが、パラメトリック検定というのは、「事前にデータの分布を仮定している検定」になります。例えばT検定だと、データは正規分布に従っていることが前提になります。つまり、正規分布に従っていないデータに対してT検定を実施すると、有意になりに...

≫続きを読む

P値ってなに?コイン投げで学ぶP値の性質

P値は何者か?皆さんは,P値って何なのか,考えたことはあるでしょうか?以前,参加したことのある統計セミナーで「P値を説明してください」という問題が出たことがあります。皆さんならどう回答するでしょうか?そのセミナーの中で,面白かった回答がありました。「0.05を切ったら嬉しいもの」まぁ確かにな,と思い...

≫続きを読む

症例数や標本数はどう決める?検定を逆算すると自動で決まる!

症例数は何で決まっているの?皆さんは,症例数を気にしたことはありますか?臨床試験の中には,1000例以上で実施している試験もあれば,10例程度の試験もあります。これは何で決まっているか分かりますか?登録期間中に集められるだけ集めている?適当にざっくり決めている?実は,適当に決まっているのではないので...

≫続きを読む

統計的に有意なら意味ある差?結果の解釈で重要なたった1つのこと

もう少しP値を考えてみるこちらのページで,症例数がP値に影響を与えることを学びました。では,ここではもう少しP値を考えてみようと思います。ここまでP値について記載するHPはないと思いますが。笑どんなデータであっても有意にできる症例数が多くなるとP値が小さくなると聞いて,みなさんはどんな感想を持ちます...

≫続きを読む

論文によくある被験者背景のP値。ここから何が読み取れる?

被験者背景情報のP値をどう見るか論文を読んでいると,しばしば被験者背景情報でP値が記載されていることがあります。これをどう捉えるべきか,みなさんはどう考えますか?ここまで順番にページを読んでいただいた方なら,恐らく私が言いたいことは何となく予測できるのではないかと思います。被験者背景情報のP値は,本...

≫続きを読む

症例数の計算に必要な5角形。何が決まれば計算できるの?

症例数は何で決まるかこれまでのページで,症例数は事前に決めることが大事であるということを繰り返し主張しました。では,実際に症例数は何で決まるのでしょうか?実際の計算式などは統計の専門書に譲るとして,このページではイメージをお伝えしようと思います。症例数を決めるペンタゴン症例数が決まるためには,以下の...

≫続きを読む

データが違えば検定方法も違う。データの性質に応じた5種類を紹介

統計学検定手法は様々であるT検定,Tukey検定,χ二乗検定,分散分析,Logistic回帰分析,Log-rank検定…統計的な検定手法は,とても多くの種類があります。これらの違いは,どこから来るのでしょうか?それは,以下の要因により検定手法が決まっています。目的となるデータ(目的変数)がどんな種類...

≫続きを読む

検定は手順が命。後出しじゃんけんで買ったとしたら嬉しいですか?

恣意的に検定手法を決めてはいけないこちらのページで,検定手法によってP値が変わることを説明しました。この事実は,データに応じて有意になりやすい検定を選ぶことが出来るということにもつながります。そのデータの種類で有意な検定がない場合には,データを加工することもできます。例えば,BMIは一般的に連続量で...

≫続きを読む





もう、自力で統計を学ぶことを諦めていませんか?

まだ大丈夫です。

こちらさえ見れば。


今までにない、無料の統計メルマガ。

メルマガ登録


HOME プロフィール お問い合わせ