交絡の例

交絡はイメージしにくいので、もう一つ例を考えてみます

交絡は臨床試験において重要な事であるにも関わらず、とてもイメージしにくいので、
しつこいようですがもう一つ例をお伝えします。

 

皆さんも余裕があれば、ご自身で例を考えて見てくださいね。

 

 

 

コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい?

ある調査をした場合に、
「コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい」
という結果が出たとします。

 

その時の交絡因子を考えます。

 

まず整理しますが、
要因は「コーヒーをよく飲む」であり、
アウトカムは「心筋梗塞になりやすい」ですね。

 

 

 

喫煙って、交絡因子になり得ないでしょうか?

最初に答えを言ってしまって申し訳ないですが、
この例では「喫煙」が交絡因子にならないでしょうか?
なりそうですよね。

 

では、この喫煙が交絡因子の3条件に当てはまっているかどうかを考えてみます。

 

 

 

アウトカムに影響を与えるか?
喫煙すると心筋梗塞になりやすいか?
と問われれば、それはYesですね。

 

下にも図を貼り付けましたが、
タバコのパッケージにこのような警告がすでにされております。

 

そのため、一つ目の条件はクリアしております。

 

tsssst

 

 

 

要因と関連があるか?

コーヒーをよく飲む人は喫煙する人の割合が多いか?については、
私自身、正確なデータを把握しておりませんが、
これも言えると思います。

 

喫煙所ではよく缶コーヒーを持っている人を見かけますし、
カフェで禁煙席はガラガラなのに喫煙席は満席、
といった状況をよく目にするためです。

 

そのため、二つ目の条件は当てはまります。

 

 

 

中間因子ではない?

最後の条件の中間因子ではないかどうかを確認します。

 

中間因子であれば、
「コーヒーをよく飲むことによって、喫煙をする、その結果心筋梗塞になりやすい」
というのが当てはまるということです。

 

当てはまらないですね。

 

つまりコーヒーをよく飲む結果として喫煙をするわけではないということです。

 

よって、中間因子ではないため、3つ目の条件が当てはまっています。

 

 

 

まとめ

色々な現象は、交絡因子によって歪められている可能性があるため、
よく考えることが重要である。



data-ad-client="ca-pub-8866234902868600"
data-ad-slot="5243035170"
data-ad-format="auto">



HOME プロフィール お問い合わせ