変数変換とは?

変数変換をする目的

変数変換という言葉を、もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。ですが、変数変換の目的を理解している人は少ないのではないでしょうか?
平均値と中央値が違う場合、の記事にも少し記載しましたが、統計学の中で変数変換をする目的は、パラメトリックな解析をするためにあります。
つまり、データの分布を正規分布に近づけることを目的として、変数変換をすることがほとんどです。

 

変数変換の例

下記のように、中央値よりも平均値が右側にある分布、つまり右裾を引く分布、というのが臨床試験で取り扱うデータとしては多くみられます。例えば、臨床検査値の一部や、薬物濃度のデータなどが、この分布に当てはまります。

 

この分布を、一般的に「対数正規分布」と呼びます。つまり、データに対数(Log)をとると、その分布は正規分布になるということです。

 

 

その他の変数変換

その他には、データに平方根(ルート)をとる変換方法もありますが、臨床試験ではあまり見られないです。やはり、圧倒的に対数変換をすることが多いです。
臨床試験のデータを扱っている限り、対数変換さえ押さえておけば問題ないでしょう。

統計は難しい。
これは、私が統計を仕事とする前までに抱いていた幻です。

ですが、実はデータをまとめたり、結果を解釈するだけであれば、それほど難しい知識は不要であることに気付きました。
そして、統計が何をやっているのかを「イメージとしてとらえる」ことが重要であると感じたのです。

こちらのメルマガでは、統計をイメージとしてとらえられるように、動画でまとめました。
今ならメルマガ登録の無料特典として以下の3つの資料を進呈しております。

1.イメージでとらえる統計学
2.イメージでとらえる推定
3.イメージでとらえるP値

ぜひ登録して、イメージを持った統計学への扉を開いてください。
登録はこちらです。

https://maroon-ex.jp/fx46970/oQ2DkN

HOME プロフィール お問い合わせ