Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
私たちの周りにある統計のウソ

平均結婚年齢に達したけど、まだ大丈夫?

平均という言葉に騙されてはいけない!

平均結婚年齢というものがあります。文字通り、結婚する年齢の平均値のことです。
2016年現在での女性の平均結婚年齢は、おおよそ30歳です。
私の周りでは、このような会話を聞くことがあります。
「ちょうど平均結婚年齢になったけど、まだ半分の人が結婚してないから大丈夫!」
これを聞いたとき、みなさんはどう思いますか?

結婚できる年齢の分布を考えてみる

平均値と中央値を学んだ皆さんの中には、「あれ?」と気づく方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そう、結婚年齢の中央値はもっと若いところにあるのです。
女性が結婚出来る下限は16歳です。ですが上限はなく、40代でも50代でも結婚できます
するとどうなるでしょうか?年収の分布と同じように、右側に外れ値が出てくる分布になっていないでしょうか?つまり、平均結婚年齢は、40代や50代に引っ張られている可能性があるのです!!

まとめ

平均値は、意識しないとみなさんは中央値と勘違いしてイメージすることが多々あります。結婚年齢は、その最たる例です。皆さんが平均結婚年齢に達したころには、半分以上の方は既に結婚しています。つまり、結婚年齢の中央値はもっと若いところにあります。でも、結婚は焦りが一番禁物ですよ!

 

メルマガ登録

統計検定2級の解説付き

無料動画の統計授業

 

 

無料動画で統計を学びませんか?

 

・この数式、何を言っているのか全くわからない・・・ 

・統計を学びたいけど、何から手をつけていいのだろう・・・

・統計検定2級を受験したいけど、どう勉強したら・・・

・もう自力で統計を学ぶのに疲れました・・・

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

大丈夫です。

最後の手段があります。

どこにもない、統計の無料メールセミナー。