P値が出ていなくても

学会発表・論文投稿が出来る

統計の本質的なスキルを

余すことなく学びませんか

 

統計専門家が24時間365日フルサポート

あなたが学会発表・論文化できるように最短距離で導きます

 

 

今すぐ統計の
オンラインサロンに入る!

 

 

 

 

学会発表・論文投稿したいけど

統計でつまづいて先に進めない…

 

 

 学会発表・論文投稿をするのに統計だけがネック

 統計を気軽に相談できる人がいない…

 P値って0.05を切れば全部OKじゃないの…?

 研究の計画から統計を使うってどういうこと…?

 データはあるけど、どうやったら立派な学会発表できるの…?

 このデータにどんな統計的処理をすればいいのか…

これらの悩み、全て解決できる環境があります。

 

 

学会発表や論文投稿をするためのデータは揃っているのに

統計解析が苦手すぎて先に進めない…

 

あなたはそんな悩みを持っていませんか?

 

その状況、本当にもったいないです!

 

なぜなら、学会発表や論文投稿するための統計は本当にコツとツボを押さえるだけ

難しい統計の理論も必要ない。

 

 

 

統計の不正で事件を

起こしたくありません…

 

医療関係者の記憶に新しいディオバン事件。

まさに統計の不正使用がきっかけの事件でした。

 

そうなんです。

もう時代は統計の不正使用を許してくれないのです。

 

統計の不正使用は、事件になる時代。

だからこそ、学会発表したり論文投稿するなどしてあなたのデータを世に出すにはしっかりとした統計の知識が必要

 

統計の知識が”あればいいな”ではない。

統計の知識が必須の時代に突入したのです。

 

しかし悲しいことに、この日本で統計の知識がある医療関係者は数えるほど。

そんな状況はまずいと思った私が、統計教育に力を入れ始めました。

 

そして私が今まで統計のコンサルをしていて受けた相談の中で最も多かったのが

『気軽に統計を相談できる人がいない』

ということです。

 

 

こんなデータがあるのをご存知ですか?

 

 

 

学会発表や論文化のためには、統計を理解する必要がある。

だけど、いざ統計について気軽に相談できる相手がいない。。

 

それほどまで、統計を知っている人の存在は貴重なのです。

 

ネットで探してみても気軽に相談できないレアキャラの統計専門家。

あなたの近くには気軽に相談できる統計専門家はいますか?

もしいないとしたら、あなたが持っている「統計の悩み」は誰にぶつければいいでしょうか?

 

大手の製薬会社でも統計ができる人の人数が足りていない状況

だから、あなたの近くに統計ができる人がいないのは、不思議でもなんでもありません

 

 

そんな現状の中、もしあなたの近くに気軽に統計を相談できる統計専門の”秘書”がいたらどうでしょうか?

 

 

 

忙しいあなたのために

論文化に対する統計の悩みを解決する

日本でただ一つのサービスを作りました

 

自己紹介が遅くなりました。

 

こんにちは!吉田です。

いつもメルマガや動画をご覧いただき、本当にありがとうございます!!

 

私は株式会社データシードの社長兼医療統計の専門家として各企業やクリニックにコンサルタントをしています。

ちょっとだけ経歴をお伝えいたしますね。

 

 NEJMに2報統計解析担当者としてAcceptを受ける

 アトムス社から医療統計に関する本を出版

 SAS社のJMP事業部と提携

 都内クリニックの外部監査役を歴任

 月間15万人が訪れるブログを運営し、分かりやすい統計の記事を提供

 東大卒の社員にも”今まで受けた統計の講義でダントツに分かりやすい”と評価を受ける

 

主な研究業績:

  • Midori Shima, Hideji Hanabusa, Masashi Taki, Tadashi Matsushita, Tetsuji Sato, Katsuyuki Fukutake, Naoki Fukazawa, Koichiro Yoneyama, Hiroki Yoshida, Keiji Nogami, Factor VIII-Mimetic Function of Humanized Bispecific Antibody in Hemophilia A. N Engl J Med 2016;374(21):2044-53
  • Thomas Ruzicka, Jon M. Hanifin, Masutaka Furue, Grazyna Pulka, Izabela Mlynarczyk, Andreas Wollenberg, Ryszard Galus, Takafumi Etoh, Ryosuke Mihara, Hiroki Yoshida, Jonathan Stewart, and Kenji Kabashima, Anti–Interleukin-31 Receptor A Antibody for Atopic Dermatitis. N Engl J Med 2017;376(9):826-835
  • Midori Shima, Hideji Hanabusa, Masashi Taki, Tadashi Matsushita, Tetsuji Sato, Katsuyuki Fukutake, Ryu Kasai, Koichiro Yoneyama, Hiroki Yoshida, Keiji Nogami, Long-term safety and efficacy of emicizumab in a phase 1/2 study in patients with hemophilia A with or without inhibitors. Blood Adv. 2017 1(22):1891-1899
  • その他、論文や学会発表多数

 

 

そして2019年12月に出版社からこのような本を出させていただきました!

 

 

 

 

そんな私が、ついに、今までにないサービスを作ってしまいました。。

 

 

大学受験を目指すには予備校があり

英会話を学ぶのに英会話教室があるのに

統計を学ぶのに『統計教室』がないのはなぜでしょうか?

 

 

高校や大学で必修科目にすらなっていなかった統計。

必修科目ではないからそんなに重要じゃないのかな。

 

・・・と思いきや、社会に出たらどうしても逃げきれない統計の知識。。

さらには、ディオバン事件のように、統計の知識がないことで事件にすら繋がる時代

 

だからこそ、今の時代には統計の知識が必須になっています。

 

その証拠に、私が運営する統計のブログには

月間15万人以上の方が来てくれているという現状。

 

 

 

 

そもそも、なぜ統計はこんなにも難しいというイメージがあるのでしょうか?

私も昔は、統計に対して難しいというイメージを持っていました。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

果たして、統計は本当に難しいのでしょうか?

 

物理や数学よりも使う数式はそれほど難しくない。

データの平均値を取ったりT検定を実施するぐらいは理系出身なら誰でもやっている。

 

そのため、実は、結構身近な統計

なのに、世間一般ではかなり難しいとされている。

それは何故でしょうか?

 

 

その理由は、統計に必要とされる知識が「3つに分類されている」という認識があるとわかります。

 

 

  1. 1. 定義や計算式など、絶対に変わらないもの(平均値の計算式など)

2. 科学的な理由はないけど世界中でコンセンサスになっていること(有意水準が0.05など)

3. 状況に応じて研究者が判断しなければならないもの(SDとSEの使い分け、など)

 

1つ目と2つ目の知識については、書籍などでいくらでも得ることができます。

しかし3つ目の「状況に応じて研究者が判断しなければならないもの」というのを学ぶ場所がないし、教えているところもないのが現状です。

 

この「状況に応じて研究者が判断しなければならないもの」という部分が一番重要なのに。。。

だからこそ【統計は難しい】というイメージが定着している。

 

 

そんな現状を打破すべく、私はあるサービスを立ち上げることに。

 

それは、統計専門家が24時間365日フルサポート学会発表、そして論文投稿に必要な医療統計を学ぶことができるオンラインサロン

 

このオンラインサロンを通じて、あなたは「自分で統計を判断できるようになる」ことができ、結果としてあなたの手元にあるデータを世に出すことを導くことができます!

 

 

あなたのためだけの統計の要望を

解決するオンラインサロンです

 

このオンラインサロンのいちばんの特徴。

それは『更新型のオンラインサロン』であること。

 

・・・更新型のオンラインサロン?

 

と疑問に思いますよね。

 

要は、あなたの要望に応じてコンテンツを追加するし

あなたがいちばんメリットがあるように運営していくオンラインサロンであるということ。

 

統計で悩む人が100人いれば、100通りの悩みがあります。

 

・ある人はT検定を使うべきかウィルコクソンの順位和検定を使うべきかで悩んでいるかもしれない

・ある人は多重性の回避方法で悩んでいるかもしれない

・ある人はサンプルサイズの設計方法で悩んでいるかもしれない

・ある人は手元のデータに対して何から手をつけていいかわからない状況かもしれない。

 

だからこそ、あなたの統計に関する悩みをオーダーメイドで解決していく場になります

 

私が用意したコンテンツがあなたの希望するコンテンツではない、ということは嫌なので。

なので、常に進化するオンラインサロンです。

 

この通り、質問があれば動画を撮ってお答えしますし、それをサロン全体で共有させていただきます。

当然、データ共有などはセンシティブな問題ですので、状況だけ教えていただくだけでもお答えできます。

かなりの数のデータ解析をしていますから、だいたい想像できますので。

 

また、市販の本にある知識に関しても動画を撮っていきます。

正直、本と睨めっこするよりも、10分の動画を見た方が理解が早いです。

 

 

 

 

とは言うものの、

全員が学ぶべき内容に関しては、すでにいくつかのコンテンツを用意しています。

 

動画に関しては、”50本以上”の動画をすでに用意済み。

 

 

どんな内容の動画があるのかを少しだけ紹介すると…

 

  • 統計のデザインとは?
  • 統計は何をしている学問?
  • 平均値と中央値の使い方
  • 分布とは?
  • 正規分布と標準偏差
  • 変数変換
  • 外れ値について
  • 統計学検定の本質
  • 帰無仮説と対立仮説
  • 有意水準、P値、有意差の違い
  • αエラーとβエラーとは?
  • パラメトリックとノンパラメトリック
  • P値は何者か?
  • P値と95%信頼区間の関係
  • 多重性の問題
  • 多重性の回避方法
  • 計画することの重要性
  • 精度の確保
  • バイアスとは
  • 選択バイアス?
  • 交絡
  • 交互作用
  • 検定を適切に選択する方法
  • 検定から導くことができる結論は?
  • T検定の帰無仮説と対立仮説を考えてみる
  • 分散分析の帰無仮説と対立仮説を考えてみる
  • etc…

 

正直、これらの動画をマスターするだけで同僚から一歩抜きんでた存在になります。

 

これらの動画の他にも、オンラインサロンのメリットがたくさんあります。

 

 0から統計を学んでも大丈夫!無料では公開していない動画含めてすべての統計の動画を見放題

 著書「いちばんやさしい医療統計」の解説動画を公開!本と動画で統計に関する理解が加速!

 24時間365日チャットフルサポートで統計専門家を独り占め

 毎月のオンラインセミナーで統計を実践!論文解説や統計ソフトの使い方をマスター!

 東京近郊でセミナー!提携する企業とのコラボセミナーに特別ご招待

 統計解析代行・論文作成代行を常に10%~50%オフの価格で提供!

 

 

私は統計解析を得意とする会社と業務提携関係にあります。

そのため、私がセミナー講師となるときには特別にご招待

 

その他にも、統計解析代行や論文作成代行も極秘価格で。

 

はっきり言って、医療統計を学びたい人にとっては最強の環境だと自負しています。

 

 

その証拠に、すでにオンラインサロンに入っている方からこれだけの声をいただいております

 

オンランサロンでは「すぐに統計の疑問を質問できる安心感」「質問した統計の内容を最短で解決する満足度」を提供します。

 

 

私は常に、統計に関する諸問題を扱うコンサルを実施。

その中でオンラインサロンメンバーに対して有益な情報をジャンジャン流していきます

正直、オンラインサロンに在籍しているだけで統計を使えるようになるぐらいの情報量。

 

 

 

また、オンラインサロンに在籍しているメンバーは、学んだことや悩みを気軽にアウトプット

それに対して統計専門家がコメントをしていきます。

統計専門家から直接コメントをもらえる機会がない人にとっては、最高の場です。

 

 

あなたはこの統計オンラインサロンに入ることによって、以下のような恩恵を受けることになるでしょう。

 

 データ解析でまず何をすべきかわかる

 どんなデータであれば、どんな解析手法を選択すれば良いかがわかる

 統計的検定のロジックがわかる

 信頼区間の意味がわかる

 信頼区間と検定の関連がわかる

 回帰分析をあなたの意のままに使うことができる

 生存時間解析がわかる

    P値が何であるかがわかる

 αエラーとβエラーの違いがわかる

 有意水準と有意差の違いを説明できるようになる

 検定を複数回実施することがなぜいけないかがわかる

 相関の意味がわかる

 分割表の性質がわかる

 使うべきグラフがわかる

 症例数を算出できるようになる

 交絡・交互作用がわかる

 学会で胸を張って発表ができる

 もう少しインパクトファクター(IF)の高い論文を狙えるようになる

 論文の査読者からの指摘に、適切に対処できるようになる

 etc…

 

 

もう、ここに挙げきれないほどの恩恵があります。

このオンラインサロンで、苦手な統計を得意に変えましょう!

 

 

今すぐ統計の
オンラインサロンに入る!

 

 

 

 

 

で、どれだけの価格でオンラインサロンを

提供してくれる?

 

では、いよいよ気になる価格です。

統計を学べる教室の価格なんて想像できますか?

 

実は、統計を学べる教室を私は一つ知っています。

何故なら、そこで講師のアルバイトをしていたことがあるから。

会社員時代の副業です。

 

そこでの授業料は1コマ50分15,000円でした。

 

なので、24時間365日統計についてフルサポートがあるオンラインサロン

安くても月額7~8万円はするでしょう。

 

でもブログのプロフィールにも書いてある通り、

統計を適切に使うことで医療の発展に貢献したい思っています。

 

あなたの手元にあるデータを世に公表することで、救われる患者さんが絶対にいます。

 

残念ながら、私は医師免許を持っていません。

看護師免許を持っていません。

薬剤師免許を持っていません。

 

だから、患者さんを直接救うことができない。

でも、統計を広めることで、その先につながる患者さんを救うことができるんじゃないか。

 

そう思っています。

 

だからこそ、多くの人が統計を学んでほしい。

そしてあなたの手元にあるデータを世に出すことで、患者さんを救ってほしい

 

そういった想いを価格に込めました。

 

(申し込みには、クレジットカード決済のためにPaypalへの登録が必要です。1分で登録可能です。)

月額9,800 4,980

 

※Paypalでのお支払い完了後、オンラインサロンへのアクセス方法をメールでご連絡します。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

 

 

私が今まで行ってきたコンサルは

Skypeコンサルのみで、かなり高額でした。

それと同等以上の価値を受けることができてこの価格です。

 

『高い!!』

『ちょっと様子を見るか』

と思うようであれば

今すぐこのページを閉じて、統計オンラインサロンのことは一切忘れてください。

 

ちょっと計算すると分かりますが

月額4,980円を30日で割ると

1日166円

ほどになります。

 

ペットボトル飲料1本分ですね。

 

1日これだけの投資で

論文化に必要な統計の要素を完全に学ぶことができる

 

しかも24時間365日、統計専門家を使いたい放題です。

 

さらには、毎月1回以上のオンラインセミナーを開催しております

私は企業への研修で1時間あたり30,000円。

それと同程度のセミナーを毎月開催。

 

つまり、月額4,980円を支払って、30,000円のセミナーを受講できるような環境にあるということ。

ちょっと、意味がわからないぐらいになってしまいますよね。。

 

月額4,980円での提供は限定50名の価格です。

将来的には月額9,800円での提供。

人数が多くなるとサポートしきれずにサービスの質が下がってしまうから、というのが理由です。

そのため、本気で統計を学びたいのであれば今がチャンス!

 

いま申し込みをすれば、9,800円に値上がりした後でも、ずーーーっと4,980円でオンラインサロンに在籍することが可能。

 

他にも、これだけの違いがあります。

 

本当に吉田から満足する統計を

学ぶことができるの?

 

わかります。

そう思いますよね。

『本当に吉田はそんな実力あるの?本当に信用できるの?』

って思いますよね。

 

正直にいいます。

 

あなたにとって満足する統計を提供できるかどうかは

『実際に受けてもらわないと実感してもらえない』

と思っています。

 

 

NEJMに2報統計解析担当者としてAcceptを受ける

・アトムス社から医療統計に関する本を出版

・月間15万人が訪れるブログを運営し、分かりやすい統計の記事を提供

・製薬会社時代には全ての部署の社員に対して統計教育を実施

東大卒の社員にも”今まで受けた統計の講義でダントツに分かりやすい”と評価を受ける

 

 

これだけの実績を持ち合わせてはいますが、あなたにとって重要なことは

『あなたの統計的な疑問をちゃんと解決してくれるのか!?』

ということですよね。

 

それは、あなた自身が判断してください。

 

私は、耳障りのいいことを言うつもりはありません。

 

もしあなたが今までのメルマガや動画を見て

”吉田は全く信頼できない”

と思うのであれば、オンラインサロンに入らない方が絶対に良いです。

 

”まぁちょっとは信頼してもいいかな”

と思うようであれば、ぜひオンラインサロンを検討してみてください。

 

今言えることは

”とにかく魂を込めて全身全霊で、あなたのデータを論文化につなげる統計の知識を伝授する”

ということだけです。

 

いま現在言えることとしては、「現在オンラインサロンに入っていただいている方からは高い満足度を得られている」ということ。

もう一度、すでにオンラインサロンに入っている方からの声を掲載しますね

 

 

▼現在オンラインサロンに在籍している方からの声▼

 

一部だけ紹介しましたが、ありがたいことに、これだけ満足していただいている声をいただいている現状。

オンランサロンでは「すぐに統計の疑問を質問できる安心感」「質問した統計の内容を最短で解決する満足度」を提供します。

 

 

しかしそうはいっても、一歩踏み出すのになかなか勇気がいるものですよね。

そのため、あなたにだけにこの価格をご用意しました。

 

 

 いつでも退会可能!違約金一切なし!

 申し込みから30日間の返金保証

 

まずは初月だけ私を試してみてください。

最初の1ヶ月で本当に統計を教わる環境ができているのかどうか、体験してみてください。

そして、1つでも質問してみてください。

 

その結果、気に入らなければ、その場で退会可能。

違約金などは一切ありません

あなたがもし初月で退会するということは、私の実力が足りなかったということ。

むしろ、あなたの貴重な時間を使って申し込んだのに、期待に応えることができなかった私の落ち度です。

そのため、申し込みから30日間は返金保証をつけます。

だから、初月の4,980円も出すのは嫌だ!と思うぐらいでしたら、返金を申し込んでください。

つまり、あなたは一切のリスクを負わずに、統計オンラインサロンを1ヶ月間試すことが可能

 

返金保証はいつ終えるかわからないので、いま申し込んでおいた方がいいですよ。

(申し込みには、クレジットカード決済のためにPaypalへの登録が必要です。)

月額9,800 4,980

 

※Paypalでのお支払い完了後、オンラインサロンへのアクセス方法をメールでご連絡します。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

 

 

 

 


 

オンラインサロンは、所属する方々と必ず交流する必要があるのでしょうか?
基本的には、あなたの統計に関する疑問をオーダーメイドで解決する場になります。

オンラインサロンといっても、サロンに入っている方全員で何かしらコミュニケーションを取らなければいけない、ということではなく、吉田と11でのやりとりが基本です

その中で、全体に共有した方がいいという疑問に関しては、オンラインサロンに入っている方に随時共有していきます。

なのでまとめると、吉田と11でのチャットがいつでもやり放題なのと、他の方の統計の疑問に関する答えも共有されるので、統計の学習が加速する環境になります。

 

オンラインサロンで紹介される動画は自分の好きな時間に確認できる動画なのか、決まった時間に参加するような形なのでしょうか?
オンラインサロンに入っている方しか見ることができない動画を100本以上用意しています。そのため、いつでもどこでも自分の空いている時間に動画を見ることが可能。

月に1回、オンラインセミナーをやっておりまして、そこではできるだけ多くの方が参加できる時間に論文の読み方を中心にセミナーしています。

オンラインセミナーも録画しており、後から見ることが可能。オンラインセミナーの内容に関しましても、オンラインサロンに入っている方限定です。

 

統計を使って論文を書きたいと思いながら10年以上過ぎました。いよいよ、統計を使わないといけないのです。困っています。医学系ではなくても、サロンに参加してついていけるでしょうか?
1つ目のご質問の通り、基本的には、あなたの統計に関する疑問をオーダーメイドで解決する場になります。

オンラインサロンといっても、サロンに入っている方全員で何かしらコミュニケーションを取らなければいけない、ということではなく、吉田と11でのやりとりが基本です。

そのため、統計に関してありとあらゆるレベルの方にご満足いただける環境です。

 

どんな人が統計オンラインサロンに向いているでしょうか?
いつでも質問ができるように、身近に統計がわかる人を置いておきたい、と思っている方は最適です。

もっと具体的にしますと、緊急性はないけど勉強していたり論文を読んで出てきた疑問をその都度解決したいという方です。

緊急性がある場合にはSkypeコンサルが最適です。しかしSkypeコンサルに関しても、オンラインサロンへ参加している場合には割引がありますのでオンラインサロンへ所属していた方がお得です。

 

緊急性のある個別データを相談したいのですが、どうしたらいいでしょうか?
緊急性のある個別データの相談の場合にも、まずはオンラインサロンに入っていただくことをオススメします。

理由は3つです。

 

1. オンラインサロン入会特典で無料の30分Skype(Zoomも可)コンサルがついており、そちらで個別データも相談可能

2. オンラインサロン入会でデータ解析代行も通常料金から10%〜20%オフになるため、5,000円以上は必ずお得になるため。

3. それらのサービスを使った後でも、気に入らなければ30日以内であればオンラインサロンを解約し1ヶ月目代金を返却。

 

そのため、「吉田の実力を試したい」と思っているのであればオンラインサロンにまずは入っていただくのがいいですね。

 

月額料金はどのタイミングで請求されるのでしょうか?
月額料金は毎月「入会した日付」で請求されます。例えば6月20日に入会された場合には、毎月20日に自動でクレジットカード引き落としになります。そのため、月初・月中・月末のどのタイミングで入会したとしても、請求されるタイミングはちょうど1ヶ月ごとになります。

 

「24時間365日チャットフルサポート」の意味は具体的にどのようなことでしょうか?
24時間365日、統計に関して気になった時点でチャットで質問できる、という意味です。基本的にはその日のうちに疑問を解決できるように努めておりますが、そうでない場合には「明日までに回答いたします」といった返信をさせていただいております。

 

質問に対するレスポンス(返信)は早いでしょうか?
上記にもお答えしました通り、基本的にはその日のうちに疑問を解決できるように努めておりますが、そうでない場合には「明日までに回答いたします」といった返信をさせていただいております。

 

 

 

 

現在オンラインサロンに在籍している方がなぜオンラインサロンに入ろうとしたのか、そのきっかけを少しだけご紹介。

 

 

統計オンラインサロンに入ったきっかけは何でしょうか?
1)現在執筆中の論文の統計に関する疑問を解決したい。
2)今まで学んできた統計全般に関する復習・疑問点の解決をしたい。
(K.O.さん)
論文初稿のため、統計が必要。メルマガを見て、参考になりそうだと思ったから。
(M.H.さん)
もともと統計について苦手意識があったが、その場しのぎで何とか済ませてきました。
大学院に入り、本格的に研究を開始しデータを取ったはいいものの、あいまいな部分が多すぎて、
出てくる結果に自信をもって解釈できない。
もう逃げられない状況で、次の段階の研究予定もあるため、
今しかしっかり勉強する機会がないと思い入会しました。
(T.O.さん)
私は製薬会社のMRですが、昨今の販売情報提供ガイドラインの厳格化により、
先生方へ情報提供できる内容が非常に限られてきております。
その中で、ご紹介できる自社製品関連のデータは統計解析を含め、
しっかりと理解しお伝えする必要があると感じました。
(K.H.さん)
統計解析の方法を具体的にわかりやすく教えてくれそうだったから。
「こんなこともわからないのか」ということも質問しやすそうだったから。
(M.K.さん)

 

 

他にも、様々な理由でオンラインサロンに入っていただいており、かなり高い満足度をいただいております。

30日間の返金保証があるので、一度どんな雰囲気か感じてみるだけでもしてみてくださいませ^^

 

あなたのご参加をお待ちしております!

 

(申し込みには、クレジットカード決済のためにPaypalへの登録が必要です。1分で登録可能です。)

月額9,800 4,980

 

※Paypalでのお支払い完了後、オンラインサロンへのアクセス方法をメールでご連絡します。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

 

 

 

なぜそこまでするの?

すごく怪しくない?

 

この価格で統計専門家を365日24時間使い放題なんて、逆に怪しい・・・。

しかも初月は実質無料なんて。。

もしかしたら、あなたはそう思っているかもしれませんね。

 

ブログのプロフィールにも書いていますが、私の医療統計に対する想いを再度お伝えさせていただきます。

 

 

ここまで私がやる理由。

それはやっぱり、統計を適切に使うことで、医療の発展に貢献したいからです。

統計が正しく使われてないことで、医療業界の発展が妨げられるのは嫌だと感じているからです。

 

あなたの手元にあるデータを世に公表することで、救われる患者さんが絶対にいます。

 

残念ながら、私は医師免許を持っていません。

看護師免許を持っていません。

薬剤師免許を持っていません。

 

だから、患者さんを直接救うことができない。

でも、統計を広めることで、その先につながる患者さんを救うことができるんじゃないか。

 

そう思っています。

 

私は健常者です。

どうれだけ辛いことがあっても、どれだけしんどくても、私は健常者です。

 

でも実は、私は生まれてすぐ10ヶ月ほど入院していました。

なぜかというと、特発性血小板減少性紫斑症という病気に罹ったからです。

 

 

幸いにして、私は当時新しくできた薬が効いて治ったのだ、と親から聞かされました。

しかしその薬ができていなければ、今私があなたに対してこうやって統計を伝えていたかわかりません。

 

 

そして、特発性血小板減少性紫斑症を患っていた時に輸血されました。

だから私は、今でも献血をすることができません

 

医師でもなく看護師でもなく献血もできない私は、本当に患者さんに直接貢献できないのです。

 

 

私は医療に助けられました

今では、健常人のように生活しています。

 

 

 

でも、世の中にはそうじゃない人がいます。

 

生まれた瞬間から、歩くことができない人がいる。

生まれた瞬間から、目が見えない人がいる。

生まれた瞬間から、20年と生きることができないと決まる人がいる。

 

そんな人たちを救うことができるのは、医療だけです。

その医療に対して、私ができるのは統計だけ。

 

だから、あなたに統計を提供します。

私から学んだ統計をあなたが使うことで、患者さんが一人でも救えるのなら。

 

これほど幸せなことはありません。

 

私の友人である、一人の医師が言っていました。

「病院にはデータがあるのに、統計を勉強しながら論文化する時間的余裕がない」

 

今の日本は、慢性的な医師不足です。

日々の業務だけで手一杯の医師に、論文化までこなせる超人は一握り。

 

だらか私が橋渡ししてみよう、と。

 

データがある。

そのデータを論文化できれば、きっと世の中の誰かが助かる。

でも、論文化する時間がない。

 

その問題を、統計学の視点から支援しています。

 

そういう想いで、あなたに分かりやすい統計を提供します。

あなたが学んだ統計で、そして論文化したことで、患者さんが一人でも救えるなら。

 

これほど幸せなことはありません。

 

あなたは、ぜひあなたの得意分野を伸ばしてください。

統計が苦手であれば、私が支援します。

 

まずは、私がお伝えする統計学が本物かどうか、あなたの目で確かめてください。

ぜひ一緒に、これからの医療をより良いものにしていきましょう!

 

 

(申し込みには、クレジットカード決済のためにPaypalへの登録が必要です。1分で登録可能です。)

月額9,800 4,980

 

※Paypalでのお支払い完了後、オンラインサロンへのアクセス方法をメールでご連絡します。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

 

 

 

 

今だけ!

こんな特典をつけちゃいました

 

しかも、今だけの限定特典として、こんな特典をつけちゃいました。

 オンラインサロン在籍期間中に30分のSkypeコンサル1回無料

 吉田が出版した本の内容を動画で解説!本の内容の理解が何十倍にも加速する!

 

まずは、在籍期間中にSkypeコンサルを1回無料で実施します。

普段はチャットでやりとりしますが、文章ではどうにも今の問題を伝えきれないな、と思った時に使うことができます。

Skypeコンサルは本当に強力で、統計的な悩みは一回で解決できます!

 

 

また、2019年12月に発売されたの医療統計に関する書籍の動画をプレゼント

書籍とセットで学習することで、本当に使える統計が手に入ってしまいます。

この動画も今後は販売していく予定なので、無料で手に入れることができるのは今だけです。。

 

 

 

申し訳ございませんが…

参加には条件を設けさせていただきます

 

このオンラインサロンは本当に統計を学びたい人が集まる集合体。

 

私も本気で統計を全身全霊でお伝えしたいし

『参加している人にとって居心地の良い場所を提供したい』

と思っています。

 

そこに、たった一人でも場を乱す人がいると

それだけでテンションが下がりますよね。

 

そのため、私が運営する統計のオンラインサロンでは

一定の参加条件を設けています。

 

以下の”3つだけ”の参加条件をご確認ください。

 

 

 条件1:吉田を信用できる方

 

オンラインサロンでは、今まで以上に吉田とコミュニケーションを取ることになります。

そもそも私のことを信用できない、コミュニケーションを取りたくない、といった場合

私の提供する動画や解決策を吸収することはできないでしょう。

 

そうなるとお互いに不幸になるだけですので、参加は見送ってください。

 

逆に”まだ吉田のことわからないけどちゃんとコミュニケーションは取れる”という方は大歓迎です!

ぜひこれからコミュニケーションとっていきましょう^^

 

 

 条件2:最低限のマナーを守れる方

 

オンラインサロンでは、今までにお会いしたことのない方とのコミュニケーションが発生します。

そのような場合、時には大人としての対応が求められます。

 

他人を傷つけるような発言や行動に抵抗がない方

オンラインサロンの質の低下につながりますので、参加はご遠慮ください。

 

 

 条件3:コンテンツ配布方法にご了承いただける方

 

コンテンツはオンラインサロンに入っていただいた日から閲覧できますが

量が膨大なのでコミュニティ参加後に順次配布していきます。

 

追加・更新型のオンラインサロンなので、あなたの状況を見ながら順次レベルアップしたコンテンツをお届けします。

 

”3つの参加条件”は以上です!

(普通の人であれば問題ない、ということが言いたかっただけですww)

 

 

 

デメリットはないの・・・?

 

今まで、散々メリットばかり述べさせていただきました。

 

これだけメリットばかりあるなんて怪しい!

デメリットもあるでしょう!

 

とおっしゃる気持ち、すごくわかります。

 

考えたところ、”3つのデメリット”がありました。。。。

 

 

 デメリット1:吉田と密なやりとりが発生します

 

前述の通り、オンラインサロンでは、今まで以上に吉田とコミュニケーションを取ることになります。

そのため、そもそも私のことを信用できない、コミュニケーションを取りたくない、といった場合

私の提供する動画や解決策を吸収することはできないでしょう。

 

そうなるとお互いに不幸になるだけですので、デメリットとなります。

オンラインサロンなどに入会する場合には、”どんなサービスか”という基準よりも”誰が提供しているサービスなのか”という基準で判断されると、間違いがないです。

 

そのため、ちょっとオンラインサロンの内容がよくわからないけれども、吉田の記事や動画はわかりやすいから信頼して入ってみるか、という方は良い判断になります

 

 

 デメリット2:統計から逃げられない環境です

 

統計オンラインサロンでは、文字通り統計に関する情報のやり取りが行われます。

恐らく、あなたが今まで経験したことのないほど統計を考える日常になるはず。

 

日々、統計に関する動画や、オンラインセミナーなんかが開催されますからね。。

 

そのため、統計が本当にどうしても嫌いすぎて、学ぶのなんて無理!!!と思っている方は、オンラインサロンの入会を見送った方がいいです。

 

しかし、本当に統計と向き合いたい人にとっては最適な環境かと思います

 

 

 デメリット3:月額料金が発生します

 

これは当たり前の話ではありますが、統計オンラインサロンでは月額料金が発生します。

かなりリーズナブルな価格設定をさせていただいておりますが、それでも有料であることには変わりません。

その投資額が見合わないな、と思うのであれば見送った方がいいです。

 

しかし私の自己投資の経験上、以下のアドバイスをさせていただければと思います。

 

何かサービスを購入したいと思う理由が金額だけ(安いだけ)である場合、あなたにとってそれほど価値のないものである可能性が高いです。

逆に、何かサービスを購入したいけど踏み切れない理由が金額だけ(多少高いかも)である場合、あなたにとって価値あるものである可能性が高いです。

 

ぜひ、迷われているのであれば、上記の判断基準を使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

追伸

 

今回のオンラインサロン企画は

私が統計専門家を仕事とした日からの約10年間をお伝えするものです。

大学時代に一切統計を学ぶことなく、統計専門家としての部署に配属されました。

そのため、統計がわからない人のことを人一倍わかっている統計専門家、であると自負しています。

 

「統計が全然わからないけど大丈夫かな…」と、もし思っているなら。

 

安心してください!!

 

繰り返しますが、これだけのサポート体制を充実させています。

 

 0から統計を学んでも大丈夫!無料では公開していない動画含めてすべての統計の動画を見放題

 24時間365日チャットフルサポートで統計専門家を独り占め!気軽な相談がいつでも可能

 毎月のオンラインセミナーで統計を実践!論文解説や統計ソフトの使い方をマスター!

 東京近郊でセミナー!提携する企業とのコラボセミナーに特別ご招

 統計解析代行・論文作成代行を極秘価格で提供!

 

しかも今なら、これだけ強力な特典がついています!!

 

 オンラインサロン在籍期間中にSkypeコンサル1回無料

 吉田が出版した本の内容を動画で解説!本の内容の理解が何十倍にも加速する!

 

何より、あなたのためにどんどんコンテンツを追加していく”更新型のオンラインサロン”です。

 

もう二度とこのようなチャンスはありません

私自身、来年もこのオンラインサロンの申し込みを続けていくか分かりません

現在、企業や大学病院との提携が増えており、オンラインサロンを運営する時間がなくなる可能性があるからです。

 

全身全霊を込めてあなたに統計をお伝えしますので、是非一つでも多く吸収してください。

あなたのご参加をお待ちしております!

 

(申し込みには、クレジットカード決済のためにPaypalへの登録が必要です。1分で登録可能です。)

月額9,800 4,980

 

※Paypalでのお支払い完了後、オンラインサロンへのアクセス方法をメールでご連絡します。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。