臨床試験(治験)で統計学が必要な理由

医療統計を勉強する本でのおすすめは?役立つブログやサイトはある?

世間一般的に難しいとされる、医療統計。

そのため、いざ医療統計を勉強しようと思って本を開いたとしても、なかなか続かない。。

「やっぱりこれがいいんじゃないか!?」と思って、他の医療統計に関する本を購入してみても、半分も続かない。。

気づけば医療統計に関する本を10冊も買ってたよ。。

・・・なんてことになっていませんか?

今回の記事ではそんなあなたのために、医療統計を勉強する上で本当におすすめできる本やブログなどを紹介していきます。

 

 

医療統計を勉強するのに役立つものはある?

 

医療統計はけっこう知識が多岐に渡っているため、勉強しようにも「何から手をつけていいのかわからない・・・」という状況になったりしますよね。

私も医療業界に入りたての頃は、「何で勉強すればいいの・・・?」という感じでオロオロしていました。

で、今では医療統計に関してコンサルなんかをやっているわけですが、その中で医療統計を勉強する上で”最初に絶対にやってはいけないこと”はなんとなくわかりました。

 

それは、統計の数式から勉強しようとすること。

 

これは、絶対にやってはいけないですね。

なぜならば、本当に医療統計が嫌いになるからです。

そして、”理論を学んでも実際にデータ解析をする上で全く使わない”からです。

だから、モチベーションがなくなってしまう。。

 

医療統計を勉強する意味は?

実は医療統計を勉強するのに本当に重要なことって、”どうやってデータをまとめて解釈するのか”ですよね。

だって日々のデータ解析は、データをまとめて”結果や解釈”を論文化したり学会発表したり会議で発表することなので。

決して、勉強した統計学の理論を学会や会議で発表したりしないはずです。

(統計専門家の学会なんかは別ですよ。)

 

例えば、Wikipediaで標準偏差を検索するとこんな説明が出てきます。

これ、実際の業務でいつ使います??

だって、Excelでやれば「=stdev.p(データ)」で簡単に標準偏差が出てくる時代です。

そのため実際の業務に必要なのは、標準偏差の数式の定義よりも『標準偏差はどのようなデータに対して適用するのが正しいのか』そして『標準偏差の数値の意味は何か』を正しく理解できることではないでしょうか。

 

なので、本当に統計を”使う”と割り切るなら

  • データを人一倍いじってみて
  • データを可視化してみて
  • データを理解する

ことの方が、教科書を開いて勉強するよりよほど重要です。

それに、教科書を開いて数式を理解するよりデータをいじるほうが楽しくないですか?

 

医療統計を勉強するのに重要なディスカッション

そして、データをいじって理解するのに重要なのが「ディスカッション」です。

だって、「このデータ解析方法で合っているのかな?」とか「この結果の解釈はどうすればいいの?」ということを、実際に医療統計を知っている人に聞きたいですよね。

だからこそ、医療統計を知っている人とのディスカッションが大事です

 

でも、医療統計をディスカッションできる人なんていないよ。。

 

と思っているのであれば、ぜひ私とディスカッションしましょう!

メルマガ登録をしていただければ、いただいた質問に対して動画でお返事しています

たとえば、この動画もメルマガ会員さんからの質問に答えた動画ですね。

 

 

もし私に質問いただければ上記のようにお答えさせていただきますので、ぜひメルマガ登録をしてみてくださいね。

 

統計に関する無料メルマガはこちら

 

スポンサーリンク

医療統計の本で本当におすすめできるものトップ3

私が今まで「本当に役に立ったなぁ」と思った本を紹介します。

この本をマスターすれば、最低限の知識は持てることになるはずです。

たくさん紹介されても気が重くなると思いますので、3冊に絞りました。

 

医療統計のおすすめ本その1:学会・論文発表のための統計学

まずはこれ。

私が本当にお世話になった本です。

 

 

この本は、私が製薬企業に入社して初めて読んだ統計の本。

数式も少なめで、読み物として読むことができます。

野球の球団の話を例にしていたりと、とっつきやすい本。

私が”標準偏差”と”標準誤差”の違いもわからなかった時代に、本当にお世話になりました。

 

この本は、私は10回ぐらいは読みましたね。

それぐらいの良書です。

 

医療統計のおすすめ本その2:いちばんやさしい医療統計

私が書いた本で恐縮ですが、次はこの本です。

上記の本以外に「本当に初心者向けの医療統計の本ってないなぁ。。書いてしまえ!」ということで書いた本です。

この本は、移動中の電車や飛行機で2時間程度で医療統計をわかってもらおう、という想いで作った本です。

だから全然気負わずに、小説を読む、ぐらいの気持ちで読んでいただけるといいです。

数式をできるだけ排除しましたので。

 

で、重要なのが「繰り返し読む」ということ。

私が上記の本を10回は読んだように、ぜひ何回も読んでください。

スルメのように、味が出てくるはずです。

 

医療統計のおすすめ本その3:統計検定2級の問題集

「どうしても数式を飛ばして勉強することができない」という方のためには、この本です。

統計検定2級の問題集。

 

 

統計の専門家でなければ、統計検定2級相当の知識があれば十分です。

そのため、この公式問題集がなんなく解けるようになればいいですね。

解説が少ないのが若干の難点ですが、そこは他の書籍の解説を確認すれば十分解くことが可能です。

もしどうしてもわからなければ、メルマガ登録をして私に質問してみてください。

 

統計に関する無料メルマガはこちら

 

スポンサーリンク

医療統計の勉強に役立つブログやサイトは?

次に、医療統計の勉強に役立つブログやサイトを紹介していきます。

ここは一つだけ紹介。

 

医療統計が勉強できるブログやサイト:Try itのYoutube動画

それは、Try itの数学IのYoutube動画です。

例えば最初の授業のURLを紹介しますね。

 

無料だからといって侮ることなかれ。

本当に結構わかりやすいです。

高校生向けの授業なので、ハードルもそれほど高くない。

統計をまずは学んでみたい、という方にとっては本当にお勧めできる動画です。

医療統計に特化していないのは難点ですが、それを差し引いてもわかりやすいです。

さすが、家庭教師のノウハウがあるTryさんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、今回の記事では医療統計を勉強する上で本当におすすめできるものを紹介しました。

ぜひどれか一つでも学んでみてくださいね。

もし私のところで学びたいのであれば、ぜひメルマガ登録をしてみてくださいね。

 

統計に関する無料メルマガはこちら

 

医療統計の解説セミナーがオンラインやe-learningできるところはある?医師や看護師などの医療従事者が医療研究をしたいと思った時に、欠かせないのが医療統計の知識。 しかし、医療統計はニッチなジャンルなので、いざ学ぼうと思っても学ぶ場所が少ない。。 そのため、医療統計をいつでもどこでも学ぶことができるオンラインセミナーだったり、e-learningだったりがあると便利ですよね。 今回の記事では、医療統計に関するセミナー情報やオンラインでのe-learning情報などを集めました。...
論文化に必要な統計に絞った地図あります

 

  • パソコンに向かってもなぜか筆が進まない…
  • 学会発表は結構たくさんしているのに、なぜ論文が出ないのだろう…
  • こんなに忙しいのに、いつ論文を書いたらいいのか…
  • 一度は書いたはずの論文がお蔵入りに…どうすればいいの…
  • データはあるのになぜ論文化まで持っていけないんだろう…
  • このデータ、どうやって解析すればいいんだろう…

 

その悩みこの無料メルマガで全て解決するかもしれません

 

↓今すぐ無料で論文化までの最短距離を歩く↓

↑無料で論文化に必要な統計を最短で学ぶ↑

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です