SPSSの使い方

SPSSの講習会や勉強方法で効率的なのは?E-learningなどはあるの?

統計解析ソフトとして、かなり評判の高いSPSS。

せっかく高いお金を出したので、できればちゃんと使いこなせるようになりたい!

講習会や効率の良い勉強方法があれば嬉しいんだけど。。

と思いますよね。

ということで、この記事ではSPSSを効率的に学べる講習会や勉強方法があるのかをまとめました。

 

>>もう統計で悩むのは終わりにしませんか? 

↑1,000人以上の医療従事者が購読中

SPSSの勉強方法にはどんなのがある?

SPSSは、世界的にスタンダードな統計ソフトです。

特別な知識は必要ありませんが、統計解析についての基本的な知識はある程度必要となりますね。

SPSSの勉強方法には、SPSSの使用ガイドなどの書籍・テキストによるものと、SPSSの講習会などに参加するという2通りがあります。

 

SPSSを書籍で勉強してみる方法

書籍によるものは、統計に関する基本的な知識について詳しく記述されているものが多く、SPSSの使い方だけではなく、どうしてこの手法を用いるのかという統計的理論についても学ぶことができます。

始めは難しいと感じる方も多いようですが、極めてスタンダードな勉強方法と言えます。

また、写真による手順解説もされていて1人で勉強する際には適しています。

例えば、この書籍であれば医療統計に特化してSPSSを学ぶことができますね。

 

 

SPSSの勉強方法:講習会への参加

「講習会への参加」は、SPSSの解析手順をしっかりと身に付けたい人(詳しい解析理論はあまり必要ない人)には近道となる勉強方法です。

SPSS専門講師による講座での学習、その後の実践によりSPSSの解析を効率的に身に付けることができます。

初歩的なものから応用編まで自分のレベルに合った指導を受けられ、講師からのアドバイスをもらえるのも講習会参加のメリットです。

2つの方法に共通しているように、SPSSでは解析したいデータに関する統計知識、SPSSの操作方法・手順を学習する必要があります。

これらの知識を身に付けるのに自分に最も適した方法を選択するのが大事です。

 

SPSSの勉強方法:無料メルマガに登録して質問をする

弊社のメルマガに登録していただければ、代表取締役の吉田に気軽に質問をすることができます。

SPSSの結果解釈や、やり方などのご質問もお気軽にどうぞ。

まずは無料で気軽にSPSSを質問できる環境を作るには、とても適した選択かなと思います。

 

>>【無料】論文投稿や学会発表に必要な統計解析手法を学ぶ

SPSSの質問を気軽にできる環境を作る

 

SPSSの使い方を学べる講習会はある?

 

SPSSの講習会というと、SPSS製品を販売している多くの統計分析企業や大学の情報センターによる特別講習会などがあります。

研修の会場規模や学習方法、希望者のレベルに応じていろいろな研修形態が用意されています。

代表的なものとして次の3つがあります。

 

SPSSの講習会①:出張・集合研修

希望者が希望する会場や教室にSPSS講師が出向き授業形式の講座を行います。

講座での説明後、講師の指導の下1人1台のパソコンを使いながら、実際に操作も行うような形をとっている場合もあります。

スケジュールやレベルも集団の希望に合わせて調整できるという利点があります。

費用はほかの2つに比べると少し高くなっていますが、企業のSPSS対策講座など集団での学習に向いています。

 

SPSSの講習会②:テキストブック・自習教材による個人学習

研修で使用するテキストブックなどによる自習教材を用いて個人で学習します。

E-LearningによるWebコンテンツがなくてもある程度の知識を持ち、テキストブックのみで学習が進められる人に適しています。

また、勉強場所が限定されないというメリットがあります。

 

SPSSの講習会③:E-Learning・遠隔学習

IBM SPSS Statisticsによる統計解析の方法や手順を学習できるWebコンテンツです。

疑似的に操作を試すことができるコンテンツを体験することで理解が深まります。

受講期間内は何度でも自分のペースで学習できるため、徹底的に復習することができます。

専用教材が付属する場合も多く、受講期間が終了した後も有効活用できます。

個人で黙々と学習したい人には最適な方法かもしれません。

 

SPSSの講習会④:その他

この他にも、会社や自宅からインターネットを通じて講師による説明動画を見聞きしながら学習できるものや、最短でSPSS技術を身に付ける集中講習などもあります。

また学生の場合は、大学内で開催される講習会に参加するという方法もあります。

大学で開催される講習会は、通常の講習会と比べて費用も安く、会場も大学内であるため手軽に受講できます。

 

>>もう統計で悩むのは終わりにしませんか? 

↑1,000人以上の医療従事者が購読中

SPSSの講習会の開催場所は?

これらの講習会は東京、大阪、名古屋、北海道、福岡、広島など各地域の大都市では通常開催されており、その他の地域では、依頼に応じて不定期開催されています。

日常開催されている講習会は、企業のビルの1室で行われていることが多く、不定期開催の場合は希望する会場に講師が出向くというケースが多いようです。

講習会の開催頻度に差はありますが、現在では、講師とインターネットを通じて質問することが可能なサービスもあり、大都市とその他の都市の間で受講しやすさに大きな差はないといえます。

出張・集合講習が難しい場合には、E-learningや講義動画によるインターネット学習がおすすめです。

様々な大学では講師を招いた講習会が開催されており地域差はありませんが、対象は学生または職員となっているため社会人は受講できない場合が多くなっています。

SPSSの講習会でE-learningはある?

多くのSPSSの講習会では、E-learningが取り入れられています。

E-learningは実際の操作方法を動画で確認できるため、1つ1つの手順を具体的に確認しながら、学習を進めることができます。

このE-learningのシステムには主に、動画で分析手順を学習するものと実際にSPSSを動かす演習システムの2つがあります。

動画での手順学習システムでは、分析の手順や方法、結果の解析について学習します。

E-learningに申し込むとついてくることがあるテキストに詳細の説明があり、これと併用して学習するとより効果的です。

演習システムでは、操作を間違えた場合、正しい手順が表示されるものや、間違えた箇所を復習できるようになっています。

自分の苦手に合わせてとことん学習できるというのがE-learningの特徴です。

また、実際に手順を確認できるという点もE-learningの利点であり、SPSSを使いこなすための近道となります。

 

SPSSの勉強方法や講習会に関するまとめ

SPSSの講習会は頻繁に開催されており、それぞれのレベルに応じて気軽に参加することができます。

講習会に参加する以外にも、E-learningなどパソコンを使った勉強方法もありSPSSの技術を身に付けることができます。

SPSSによる解析は一度身に付けさえすれば非常に手軽な方法であり、こうした機会を有効活用して統計分析を行って下さい!

>>SPSSでT検定を実施する方法

>>SPSSでカイ二乗検定を実施する方法

>>SPSSで分散分析を実施する方法

>>SPSSで回帰分析を実施する方法!

学会発表や論文投稿に必要な統計に絞りました

 

  • パソコンに向かってもなぜか筆が進まない…
  • 学会発表は結構たくさんしているのに、なぜ論文が出ないのだろう…
  • こんなに忙しいのに、いつ論文を書いたらいいのか…
  • 一度は書いたはずの論文がお蔵入りに…どうすればいいの…
  • データはあるのになぜ論文化まで持っていけないんだろう…
  • このデータ、どうやって解析すればいいんだろう…

 

その悩みこの無料メルマガで全て解決するかもしれません

 

↓今すぐ無料で学会発表や論文投稿までに必要な統計を学ぶ↓

↑無料で学会発表や論文投稿に必要な統計を最短で学ぶ↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です