SPSSの使い方

SPSSでクラスカルウォリスKruskal-Wallis検定を実施する方法!

この記事では統計ソフトSPSSを使用して、クラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定の実施方法と分析結果の解釈を行います。

クラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定1元配置分散分析に対応したノンパラメトリックな手法ですね。

そのため、クラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定を使う時の注意点としては、たとえ有意差が出たとしても「どこかの群に違いがある」ということまでしか言えず、「具体的にどの群間に違いがあるのかはわからない」ので、その点だけはご注意ください!

>>もう統計で悩むのは終わりにしませんか? 

↑1万人以上の医療従事者が購読中

SPSSでクラスカルウォリス検定(Kruskal-Wallis)を実施!適用の条件はある?

上述の通り、クラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定1元配置分散分析に対応したノンパラメトリックな手法です。

まずはクラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定の適用条件を整理しましょう。

ノンパラメトリックなので、条件が少ないですね。

 

SPSSによるクラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定

まずは今回使用するデータを読み込みます。

使用するデータは、SPSSをダウンロードするとサンプルデータとしてついてくるpain_medication.savです。

このようなデータですね。

今回は「健康状態の違いが治療までの時間の違いをもたらしているのか?」という疑問を持ったとして解析を進めていきます。

つまり、説明変数と目的変数を整理すると

  • 説明変数:健康状態(1:悪い、2:普通、3:良い)
  • 目的変数:時間(効果までの時間)

となりますね。

それでは実際に分析してみましょう。

 

下図のように、[分析(A)]→[ノンバラメトリック検定(N)]→,[過去のダイアログ]、[K個の独立サンプル]の順にクリックします。

 

下図で、差を見たい変数である「時間」を[検定変数リスト(T)]に追加し、「健康」を[グループ化変数(G)]に追加します。

そして[範囲の定義(D)]をクリック。

新たなダイアログボックスで[最小][最大]のそれぞれ範囲内に、健康のカテゴリー数値の範囲を入れます。

健康のカテゴリー(3種類)には”1〜3″を割り当ててあるため、[最小]を1、[最大]を3と入力し、OKをクリックします。

 

SPSSでクラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定を実施する方法は以上です!

 

SPSSによるクラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定を実施した結果を解釈する

SPSSでクラスカルウォリス(Kruskal-Wallis) 検定を実施すると下図のような結果が出力されます。

この他にも表が出力されるはずですが、とりあえず示したところだけ見れば十分。

今回の結果は、[漸近有意確率]がp=0.368なので有意差がない結果ですね。

有意差がないということは、健康状態の違い(悪い、普通、良い)によって効果までの時間の分布には差があるとは言えない、という結論になります。

決して、健康状態の違いによって効果までの時間の分布が同じではないので注意してくださいね。

>>もう統計で悩むのは終わりにしませんか? 

↑1万人以上の医療従事者が購読中

まとめ

今回はSPSSを用いて、一元配置分散分析のノンパラメトリック版であるクラスカルウォリス検定を行いました。

対応のあるノンパラメトリックな検定ということで、適用条件は以下の二つでしたね。

ぜひ結果の解釈までご自身でできるようになっていきましょう!

今だけ!いちばんやさしい医療統計の教本を無料で差し上げます

第1章:医学論文の書き方。絶対にやってはいけないことと絶対にやった方がいいこと

第2章:先行研究をレビューし、研究の計画を立てる

第3章:どんな研究をするか決める

第4章:研究ではどんなデータを取得すればいいの?

第5章:取得したデータに最適な解析手法の決め方

第6章:実際に統計解析ソフトで解析する方法

第7章:解析の結果を解釈する

 

もしあなたがこれまでに、何とか統計をマスターしようと散々苦労し、何冊もの統計の本を読み、セミナーに参加してみたのに、それでも統計が苦手なら…

私からプレゼントする内容は、あなたがずっと待ちわびていたものです。

 

↓今すぐ無料で学会発表や論文投稿までに必要な統計を学ぶ↓

↑無料で学会発表や論文投稿に必要な統計を最短で学ぶ↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です