SPSSの使い方

SPSSでWilcoxonの符号付順位検定を実施する方法!

1標本問題における差の検定としてのノンパラメトリックな手法は、符号検定sign testやウィルコクソンの符号付順位検定Wilcoxon signed rank test(1標本Wilcoxon検定とも呼ばれます)があります。

(他の統計ソフトだとWilcoxonの符号付順位「和」検定とも呼ばれます。)

符号検定は差の向きだけを考慮するため、Wilcoxon符号付順位検定と比較して検出力が劣ります。

一方でWilcoxon符号付順位検定は、差の大きさも順位として考慮するので検出力が高くなります。

そのため、できればWilcoxonの符号付順位検定を実施したいですよね。

 

この記事では統計ソフトSPSSを使ってWilcoxonの符号付順位検定の実施方法と分析結果の解釈を行います。

>>もう統計で悩むのは終わりにしませんか? 

↑1万人以上の医療従事者が購読中

Wilcoxon の符号付順位検定(Wilcoxon signed rank test)とは?

Wilcoxonの符号付順位検定(Wilcoxon signed rank test)は、対応のあるt検定のノンパラメトリック版です。

Wilcoxonの符号付順位検定の適用条件をまずは整理しましょう。

ノンパラメトリックなので、条件が少ないですね。

 

Wilcoxonの符号付願位検定での仮説は、変数Aと変数Bを比較するとすれば、

帰無仮説H₀:Aの分布中心=Bの分布中心

対立仮説H₁:Aの分布中心≠Bの分布中心

という仮説を立てて、検定します。

 

SPSSによるWilcoxonの符号付順位検定

では早速、SPSSでWilcoxonの符号付順位検定を実施していきましょう!

使用するデータは、SPSSをダウンロードするとサンプルデータとしてついてくるdietstudy.savです。

このようなデータですね。

今回の記事では、ベースラインの体重(体重0)と最終時点の体重(体重4)を比較していきます。

 

まずメニューから[分析(A)]→[ノンパラメトリック検定(N)]→[対応サンプル(R)]を選びます。

次に、下記のダイアログボックスが現れるので、[フィールド]タブをクリックし、比較したいデータを[検定フィールド]に移動させます

その後、[設定]タブをクリックして、[検定を選択]を選びます。

そして、[検定のカスタマイズ(C)]をクリックして、 [Wilcoxon一致するベアの符号付き順位(2サンブル)(W)]にチェックを入れます。

その後に、実行をクリックすると結果が出力されます。

ちなみに、[設定]タブをクリック~[Wilcoxon一致するベアの符号付き順位(2サンブル)(W)]にチェックを入れるまでの手順は省略しても構いません。

 

 

>>もう統計で悩むのは終わりにしませんか? 

↑1万人以上の医療従事者が購読中

SPSSによるWilcoxonの符号付順位検定の結果の読み方

再度、結果を掲載します。

 

ここで注目すべき点は有意確率(P値)です。

この有意確率(P値)が事前に設定した有意水準(0.05や0.01)未満だと有意に差ありということになります。

 

ここではp<0.001であり、有意水準0.05に対して有意な差が見出された、ということになります。

 

ノンパラメトリックな手法の基本的な要約統計量

ノンパラメトリックな手法を行ったときの要約統計量は、中央値と四分位範囲を述べるべきだとされています。

医学論文では、ノンパラメトリックな手法を行っても平均と標準偏差を提示することが多いですが、データが正規分布に従っていないのであれば、平均と標準偏差の情報は役に立たないことを理解しておく必要があります

 

まとめ

SPSS類似ソフトは何がある?互換性のあるフリーソフト含めて紹介!

この記事ではSPSSでWilcoxonの符号付順位検定を実施する方法をお伝えしました。

対応のあるノンパラメトリックな検定ということで、適用条件は以下の二つでしたね。

ぜひ結果の解釈までご自身でできるようになっていきましょう!

 

>>SPSSでカイ二乗検定を実施する方法

>>SPSSで多重ロジスティック回帰分析を実施する方法

今だけ!いちばんやさしい医療統計の教本を無料で差し上げます

第1章:医学論文の書き方。絶対にやってはいけないことと絶対にやった方がいいこと

第2章:先行研究をレビューし、研究の計画を立てる

第3章:どんな研究をするか決める

第4章:研究ではどんなデータを取得すればいいの?

第5章:取得したデータに最適な解析手法の決め方

第6章:実際に統計解析ソフトで解析する方法

第7章:解析の結果を解釈する

 

もしあなたがこれまでに、何とか統計をマスターしようと散々苦労し、何冊もの統計の本を読み、セミナーに参加してみたのに、それでも統計が苦手なら…

私からプレゼントする内容は、あなたがずっと待ちわびていたものです。

 

↓今すぐ無料で学会発表や論文投稿までに必要な統計を学ぶ↓

↑無料で学会発表や論文投稿に必要な統計を最短で学ぶ↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です