Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
話題の論文レビュー

医学論文の書き方は?有意差が出なくても英語論文を執筆できる?

  • 医学論文を書きたいと思っているけど、どこから手をつけていいかわからない・・・
  • 医学論文を短時間で効率的に書く方法を知りたい・・・
  • 医学論文がアクセプトされるために重要なこととは・・・?

 

あなたは上記のようなことで困っていませんか?

この記事では、医学論文を書くにあたって、重要なこと・絶対にやってはいけないことを整理してお伝えします!

 

医学論文の書き方とは?最初にやるべきことと絶対にやってはいけないこと

正しく医学論文を書くためには、最初が肝心です。

最初から間違った方向に行動を進めてしまうと、最終的にはカオスな状況になります。

そのため、医学論文を書くにあたって、最初にやるべきことと、絶対にやってはいけないことをまずはお伝えします。

 

医学論文を書くために最初にやるべきこと

まずは、医学論文を書くために最初にやるべきことです。

絶対にこれをやりましょう。

 

医学論文を書くために最初にやること

クリニカルクエスチョンを明確にすること

 

言い換えると、「この論文で明らかにしたいことはこれです」ということを明確化することです。

例えば。

  • 男性と女性で肺がん発症率の違いを明らかにしたい
  • 新薬と標準治療薬で、HbA1cの低下が違うのかを明らかにしたい。

 

みたいなことですね。

言い換えると「ゴールを明確化する」ということ。

 

突然ですが、ジグソーパズルをやるときに、絶対必要なものってわかりますか?

一番重要なものって実は”最終形の写真”です。

最終形の写真とは、言い換えればジグソーパズルの”ゴール”ですよね。

このゴールがなければ、パズルを闇雲にやっても完成させることはできません。

 

それと同じように、論文化するときにも”最終的に何を明らかにしたいのか”というゴールを決めておかなければなりません。

 

医学論文を書くために絶対にやってはいけないこと

では逆に、医学論文を書くために絶対にやってはいけないことは何でしょうか。

それは、多くの方がやりがちなことです。

 

医学論文を書くために絶対にやってはいけないこと

何の目的もないままデータを集めて解析すること

 

これが一番やってはいけないことです。

闇雲にデータを解析して、P値が0.05を切るかどうかで一喜一憂し、良い結果になったものだけ切り出して論文化する。

繰り返しますが、これが一番やってはいけないこと。

 

先ほどのパズルの例だと、”最終形の写真を取り上げられたままパズルを始めること”と一緒です。

最終形の写真がなければ、効率的にパズルを組み立てられるとは思えませんし、やりなおしも頻繁に起こるでしょう。

それと一緒のことです。

 

スポンサーリンク

医学論文を効率よく書いている人がやっていること

では、実際に医学論文を効率よく書いている人はどんなことをやっているのか?ということが知りたいですよね。

実際には、このような順番で動いています。

 


ちゃんとクリニカルクエスチョンを明確化していると、全く迷わないんです。

なぜなら、ゴールが明確だからです。

ゴールが明確であれば、あとはゴールまでのルートを探していけばいいだけ。

だから、効率よく論文を書くことができるんです。

 

医学論文がなかなか書けない人がやっていること

では逆に、医学論文をなかなか書けない人はどんなことをやっているのでしょうか?

それは、このような順番で動いていることが多いです。

 


最初にクリニカルクエスチョンを明確化させずに始めてしまうと、実験や解析と、論文執筆をなんども行き来しなければなりません

そうなると、いつまでも論文化が進まないですし、最終的には面倒になってしまいます。

ゴールが明確じゃないので、当然の結果です。

 

そのため、本当に最初にクリニカルクエスチョンを明確化することは重要なのです。

 

スポンサーリンク

有意差が出ないと医学論文は出せないのか?

医学論文を書く上で重要なことは理解できましたでしょうか?

で、次に気になることは「有意差が出ないと医学論文は出せないの?」ということ。

あなたはどう思いますか?

 

答えは「有意差が出ていなくても医学論文は出せる」ということです。

 

繰り返しになりますが、論文で重要なのは”クリニカルクエスチョン”です。

クリニカルクエスチョンに対する答えと、なぜそのような結果が出たのかという考察(Discuttion)が十分にできていれば、論文を出すことが可能です。

 

例えばクリニカルクエスチョンが「新薬と標準治療薬でHbA1cの低下が違うのかを明らかにしたい」ということである場合。

結果としては、「新薬と標準治療薬でHbA1cの低下が違う」「新薬と標準治療薬でHbA1cの低下が違わない」という、どちらかの結果が出ることになります。

そのとき、どちらの結果も世の中としてはとても有意義な情報なのです。

なぜなら、同じような新薬を開発している会社が複数あった場合、「新薬と標準治療薬でHbA1cの低下が違わない」という結果によって、各会社の新薬開発がストップするかもしれません。

そうなると、結果のない薬を投与されていたかもしれない患者さんに対して、無駄な投与をしなくて良いという結果に繋がります。

これは、世の中にとって重要な情報です。

 

実際に私がNEJMに掲載された論文の一つは、P値を全く記載せずに掲載されています。

 

P値が小さくなる要因を知っていますか?

なぜ有意差が出なくても論文化ができるのか。

これを理解するためには、P値が小さくなる要因は何か?ということを知る必要があります。

>>なぜサンプルサイズを決めるのか?P値が小さくなる要因は?

 

P値が小さくなり、統計的な有意差が出た。

このとき、臨床的に意味のある結果が出た、ということではないのです。

 

というのも、P値が小さくなる要因は大きく分けて3つです。(T検定の場合)

  1. 2群間の平均値の差が大きい
  2. ばらつきが小さい
  3. 症例数が多い

 

実際に、医学論文を書くのであれば、1番目の「2群間の平均値の差が大きい」と言う結果を期待して、そこに対して統計学的な有意差を出したいはずです。

しかし、実際には2群間の平均値の差がそれほど大きくなくても、症例数が多ければ有意差を出すことができます。

症例数が多くて有意差が出た場合であればクリニカルクエスチョンに対して本当にYesと胸を張って言えないですよね。

 

逆に有意差が出なかった時であっても、P値が小さくなる上記の3つを知っていれば、臨床的に有意義な平均値の差を得られることができなかったけど、症例数が少ないことで統計的な有意差に繋がらなかった、という考察ができるわけです。

 

ぜひ、「統計的な有意差」と「臨床的に意味のある差」は違うんだと言うことを理解しましょう。

 

まとめ

医学論文を効率的に書くためには、絶対にクリニカルクエスチョンを最初に設定することが重要

また、例え有意差が出なくても「クリニカルクエスチョンに対して答えが出ていて、しっかりと考察されている」のであれば、医学論文を出すことが可能。

 

メルマガ登録

統計検定2級の解説付き

無料動画の統計授業

 

 

無料動画で統計を学びませんか?

 

・この数式、何を言っているのか全くわからない・・・ 

・統計を学びたいけど、何から手をつけていいのだろう・・・

・統計検定2級を受験したいけど、どう勉強したら・・・

・もう自力で統計を学ぶのに疲れました・・・

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

大丈夫です。

最後の手段があります。

どこにもない、統計の無料メールセミナー。