統計的検定の結論は1つだけ。○○かそうじゃないかを決めること

 

統計学的検定。

 

このページを見ているあなたは、この言葉を一度は聞いたことがあると思います。
でも、実際にどうすれば・・・?
っていう想いがあって、このページを見てくれているのかなと思います。
その疑問に答えていけるようにしますので、ぜひ最後まで学んでくださいね。

 

検定って?

世の中には検定と呼ばれるものが数多くあります。
英語検定,数学検定,アロマテラピー検定など。
とてもユニークなものとしては,伊賀忍者検定なんていうのもあるそうですね。
ロゴはめっちゃかっこいい!ww
(でも私は一生受けないかな…ww)

 

 

実は,世の中にある全ての検定には,共通点があります。
それは「合格 / 不合格」という結果が出るということ。
そんなの当たり前じゃないか!
と思う方が多いと思いますが,統計学的検定を考える上でも,実はこの「合格 / 不合格」という概念が重要。
なぜか、統計学的検定となると、この概念が抜け落ちる人が多いです。
あなたもその一人になっていませんか?

 

 

統計学的検定は、〇〇かどうかを決めること

統計学的検定とは,あることを決める手法です。
おそらく、あなたは何となく想像ついているでしょう。

 

そう、「有意差あり / 有意差なし」という結論を得るための手法です。

 

この結論以外にはあり得ないんです。
絶対に2択です。
それ以外の表現で検定結果を表現していると、統計担当者はどう思うか。
(統計の知識がない人だな・・・)
そう思われてますよー!

 

例えば、P値<0.01の結果が出た時。
「非常に有意」
っていう結論を出している学会発表とかないですか?
私はすごく見かけます。
そんな学会を見かけると、こんな気持ちです。

 

 

そんな結論は有り得ない。
もう一度言いますね。
統計学的検定とは,「有意差あり / 有意差なし」という結論を得るための手法。

 

同じ作用機序の薬剤AとBがあったとして。

 

Aの薬剤の第III相試験(プラセボ比較)結果はP=0.045

Bの薬剤の第III相試験(プラセボ比較)結果はP=0.001

 

この時、Bの方がよく効く薬だと言えますか?

 

絶対に言えないですからね!!
MRの方も、そういった情報提供はできませんからね。

 

 

 

 

検定することとP値を出すことは全く違う

あなたももしかしたら「検定する事=P値を出すこと」という理解をされているかもしれない。
ですがこれは,決定的な間違いです。

 

確かに検定でP値は必要。
だけど、P値は結論を得るための一つのツールです。
騎士で言えば、盾と剣。
盾と剣を使って、相手を倒すこと(=有意差を得ること)が目的。
そんなイメージでいてもらえればいいです。

 

 

検定で大事なのは「有意差あり / 有意差なし」という結論です。
P値は他のページで説明しますが、あくまで確率を表しているものです。
一方で検定は、結論を得るための手法です。

 

まずは検定のための概念を知ることが重要

検定は「有意差あり / 有意差なし」という結論を得るための手法であることを繰り返し述べました。
そのため,検定をするうえで重要なこと。
実は、どういった手順で検定を実施するかという、概念を知ることが一番重要です。
この概念を、私のサイトでは一番重要視しています。

 

他のサイトや書籍では,この概念が決定的に抜けています。
もしくは、記載があったとしても重要視されておりません。
多くが「どの検定を使えばよいか?」「どうやったらP値を出せるか?」ということが重視されすぎています。
そのために、検定=P値,更には,統計=検定というイメージが付きまとうようになりました。

 

まとめ

  • 世の中にある全ての検定には,「合格 / 不合格」という結果が出るということで共通。
  • 統計学的検定も「有意差あり / 有意差なし」という結論を得るという点で同じである。
  • 統計学的検定とP値の算出は全く違うことである。
  • 統計学的検定を実施するうえで重要なのは,その手順であり,概念である。

 





もう、自力で統計を学ぶことを諦めていませんか?

まだ大丈夫です。

こちらさえ見れば。


今までにない、無料のメルマガ。

メルマガ登録


HOME プロフィール お問い合わせ