JMPの使い方

JMPでT検定を実施するやり方!p値の意味やANOVAとの違いは?

T検定は、 2つのグループの、「平均が等しいか」を調べるときに用いる検定です。

この記事では統計解析ソフトJMPを用いてT検定を行う方法を、

わかりやすく説明していきます。

また、T検定の結果の解釈についても説明していきます。

 

T検定とは?

T検定は正規分布に従う2つのグループ(母集団)の平均が等しいかどうかを調べる検定です。

T検定には

  • 二つの母集団が等分散を仮定する: Studentのt検定
  • 二つの母集団が等分散を仮定しない: Welchのt検定

の二種類があります。

詳しくは、以下の記事で説明しています。

>>>T検定とは?帰無仮説と対立仮説を必ず確認!F検定で等分散の確認が必要?

もし比較したいグループが3つ以上ある場合は、多重性の問題が出てきます。

 

>>多重性とは?その意味と統計検定のp値を解釈する上で重要なこと

の記事も参考にしてください。

 

それでは、早速、統計解析ソフトJMPを用いてT検定を行っていきましょう。

 

JMPでT検定を行う

この記事ではJMP公式サイトを参考に、JMPでのT検定の方法を見ていきます。

ちなみにJMPにはT検定を行うというボタンは存在しないです。

JMPでは一元配置分析(分散分析)を行なった後、T検定を行います。

>>>分散分析とは?分散分析表の見方やf値とp値の意味もわかりやすく!

 

データを読み込む

自分たちのデータを解析する場合は、

[ファイル] > [開く]から解析したデータを開いてください。

ExcelやCSV形式のデータを開くことができます。

 

この記事では、JMPにすでに用意されているサンプルデータを使います。

[ヘルプ] > [サンプルライブラリー]をクリックします。

すると、次のサンプルデータのディレクトリのウィンドウが出てきます。

今回はこの中の”Big Class.jmp”を使います。

この”Big Class.jmp”をダブルクリックすると、以下のウィンドウが出現します。

この”Big Class.jmp”は

身体測定の結果、「年齢」と「性別」、「身長(インチ)」、「体重(ポンド)」の

がまとめられたデータです。

ここでは、”Big Class.jmp”のデータを用いて、「年齢」と「体重(ポンド)」の関係を見ていきます。

 

一元配置分析

それでは、実際に解析を行なっていきます。

[分析] > [二変量の関係]をクリックします。

すると次のウィンドウが出現します。

[Y, 目的変数]に「体重(ポンド)」を選択します。

[X, 説明変数]に「年齢」を選択します。

選択が終われば[OK]をクリックします。

すると、次のウィンドウが出現します。

これは「体重(ポンド)」と「年齢」の関係を表したグラフです。

縦軸は「体重(ポンド)」、横軸は「年齢」を表しています。

ちなみに、JMPではこのようなグラフを出力するときに、横軸の幅が揃っていません。

このグラフだと、14歳のところが広くて、17歳のところが狭いです。

この広さのはサンプルの数の多さと関係しています。

 

それではT検定を行っていきましょう。

 

JMPでのT検定: Studentのt検定

T検定には

  • 二つの母集団が等分散を仮定する: Studentのt検定
  • 二つの母集団が等分散を仮定しない: Welchのt検定

の二種類があります。

>>>T検定とは?帰無仮説と対立仮説を必ず確認!F検定で等分散の確認が必要?

 

ここでは、Studentのt検定を用います。

先ほど見たウィンドウの左上のクリックします。

次に、[平均の比較] > [各ペア, Studentのt検定]をクリックします。

するとT検定の結果が出力されます。

今回のT検定は次にような条件で行われました。

今回のT検定ではp値がAlpha値より小さいさいときに有意に差があるとしています。

右のAlpha値 0.05が、その水準値です。

つまり、p値が0.05よりも小さいとき、優位に差があるということです。

 

ここで棄却限界値という難しい言葉が出ていますが、

これはT検定の考え方に由来します。

詳しくは、

>>>帰無仮説とは?対立仮説との違いを例題で簡単に。検定で棄却できないときは?

をご覧ください。

 

結果の見方

T検定の結果は一番下の「差の順位レポート」に記載されています。

この表の見方ですが、一番上から順に平均差が大きかった順に並んでいます。

一番上は、今回は年齢ごとのグループなので、”17歳と13歳の体重の差のT検定の結果”を表しています。

表の一番右はp値が書かれています。

p値が、0.05より小さいものは優位に差があるとして、”*”がつけられ、色が付いています。

 

ただ、これだけ沢山のt検定を行っているので、多重性の問題も起こっています。

>>多重性とは?その意味と統計検定のp値を解釈する上で重要なこと

の記事も参考にしてください。

 

まとめ

  • JMPにはT検定を行うというボタンは存在しない
  • JMPでは一元配置分析(分散分析)を行なった後、T検定を行う

 

論文化に必要な統計に絞った地図あります

 

  • パソコンに向かってもなぜか筆が進まない…
  • 学会発表は結構たくさんしているのに、なぜ論文が出ないのだろう…
  • こんなに忙しいのに、いつ論文を書いたらいいのか…
  • 一度は書いたはずの論文がお蔵入りに…どうすればいいの…
  • データはあるのになぜ論文化まで持っていけないんだろう…
  • このデータ、どうやって解析すればいいんだろう…

 

その悩みこの無料メルマガで全て解決するかもしれません

 

↓今すぐ無料で論文化までの最短距離を歩く↓

↑無料で論文化に必要な統計を最短で学ぶ↑