JMPの使い方

JMPで分散分析(ANOVA)を実施する方法!二元配置分散分析も解説

3群以上のデータがあるときの検定で、よく用いられる分散分析(ANOVA分析)。

この記事では、統計解析ソフトJMPを使った分散分析の実施方法について具体的に説明していきます。

また、分散分析の結果の解釈についても見ていきます。

 

分散分析とは?

分散分析は、”3群以上のデータの母平均に差がある群があるか”を検定する方法です。

 

分散分析はデータの分散をもとにした解析方法です。

分散分析では、各群のデータの分散をもとに、F分布を用いて検定を行います。

この検定での帰無仮説は”各群の母平均は等しい”です

 

また、分散分析には大きく分けて

  • 一元配置分析
  • 二元配置分析

の二種類があります。

一元配置分析は、グループを識別する要素が“一つ”のときに用います。

 

一元配置分析では次のデータが必要です。

  1. 連続データ
  2. 3群以上の1つカテゴリーデータ

例えば、薬剤A、BまたはCで処理したというような感じです。

 

二元配置分析はグループを識別する要素が“二つ”のときに用います。

二元配置分析では次のデータが必要です。

  1. 連続データ
  2. 3群以上の2つカテゴリーデータ

 

例えば、ガン化したマウスと健康なマウスをそれぞれ薬剤AまたはBで処理したというような感じです。(ここでは、ガン化 or 健康、薬剤A or B と二つカテゴリーとで4つの群がある。)

 

分散については

>>>標準偏差と分散の関係とは?データの単位と同じ次元はどっち?

分散分析やF分布については

>>>分散分析とは?分散分析表の見方やf値とp値の意味もわかりやすく!

帰無仮説については

>>>帰無仮説とは?対立仮説との違いを例題で簡単に。検定で棄却できないときは?

をご覧ください。

 

JMPで一元配置分析を実施する: サンプルデータより

それで、統計解析ソフトJMPを用いて一元配置分析を行っていきましょう。

JMP公式サイト 

を参考に説明していきます。

 

データを読み込む

自分たちのデータを解析する場合は、

[ファイル] > [開く]から解析したデータを開いてください。

ExcelやCSV形式のデータを開くことができます。

 

この記事では、JMPにすでに用意されているサンプルデータを使います。

[ヘルプ] > [サンプルライブラリー]をクリックします。

すると、次のサンプルデータのディレクトリのウィンドウが出てきます。

今回はこの中の”Analgesics.jmp”を使います。

このデータは、

33人の被験者が3種類の鎮痛剤(A、B、C)を服用し、痛みの程度を数値で評価

したデータです。

 

では、中身を見ていきましょう。

一元配置分析では、

  1. 連続データ
  2. 3群以上の1つカテゴリーデータ

が必要と述べました。

 

このデータでは、[連続データ]として「痛みの程度」、

[3群以上の2つカテゴリーデータ]として、「薬」の項目が対応します。

 

JMPで一元配置分析を行う

それでは、一元配置分析を行っていきます。

[分析] > [二変量の関係]をクリックします。

クリックすると次のウィンドウが出現します。

[Y, 目的変数]に「痛みの程度」を選択します。

[X, 説明変数]に「薬」を選択します。

選択できたら[OK]をクリックするとグラフが出力されます。

次に、「薬による痛みの程度の一元配置分析」のをクリックします。

メニューから[平均/ANOVA]を選択します。

これで、一元配置分散分析ができました。

下の欄に分析結果が出力されています。

p値は0.0053とあるので、薬の平均には有意差がありそうです。

 

結果の解釈については

>>>EZRで分散分析(ANOVA)を実施!有意差があった時の結論は?

に解説しています!

 

JMPで二元配置分析: サンプルデータより

それで、統計解析ソフトJMPを用いて二元配置分析を行っていきましょう。

データを読み込む

二元配置分析でも先ほどと同じ、”Analgesics.jmp”を使います。

では、もう一度、中身を見ていきましょう。

一元配置分析では、

  1. 連続データ
  2. 3群以上の2つカテゴリーデータ

が必要と述べました。

 

このデータでは、[連続データ]として「痛みの程度」、

[1つ目のカテゴリーデータ]として、「薬」、

[2つ目のカテゴリーデータ]として、「性別」、

の項目が対応します。

 

JMPで二元配置分析を行う

それでは、二元配置分析を行っていきます。

[分析] > [モデルのあてはめ]をクリックします。

次のウィンドウが出ますので、

[Y]に「痛みの程度」、

[モデル効果]に「性別」と「薬」を選択します。

そして、[実行]をクリックします。

すると、次のウィンドウが出力されます。

次に、「応答 痛みの程度」のをクリックします。

そして、メニューから[因子プロファイル] > [プロファイル]を選択します。

すると、一番下に、次のグラフが出力されます。

左の数字は、女性&薬Aでの痛みの程度の平均と、95%信頼区間を表しています。

ちなみに、「男性」をクリックすると男性&薬Aでの痛みの程度の平均と、95%信頼区間を表しています。

二次元配置解析のデータの解釈については後日、

他の記事で説明したいと思います。

 

まとめ

一元配置解析

  1. [ファイル] > [開く]から解析したデータを開く
  2. [分析] > [二変量の関係]をクリック
  3. 項目を選択し、[OK]をクリック
  4. 左上のをクリックし、[平均/ANOVA]を選択する。

 

二元配置解析

  1. [ファイル] > [開く]から解析したデータを開く
  2. [分析] > [モデルのあてはめ]をクリック
  3. 項目を選択し、[実行]をクリック
  4. 左上のをクリックし、[因子プロファイル] > [プロファイル] を選択する。

 

論文化に必要な統計に絞った地図あります

 

  • パソコンに向かってもなぜか筆が進まない…
  • 学会発表は結構たくさんしているのに、なぜ論文が出ないのだろう…
  • こんなに忙しいのに、いつ論文を書いたらいいのか…
  • 一度は書いたはずの論文がお蔵入りに…どうすればいいの…
  • データはあるのになぜ論文化まで持っていけないんだろう…
  • このデータ、どうやって解析すればいいんだろう…

 

その悩みこの無料メルマガで全て解決するかもしれません

 

↓今すぐ無料で論文化までの最短距離を歩く↓

↑無料で論文化に必要な統計を最短で学ぶ↑