交絡の例を考えてみましょう!

交絡は臨床試験において重要な事であるにも関わらず、とてもイメージしにくいです。

交絡を防ぐためにランダマイズをする、と言ってもいいほどです。

そのため、しつこいようですがもう一つ例をお伝えします。

皆さんも余裕があれば、ご自身で例を考えてみてくださいね。

 

Advertisement

 

コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい?

ある調査によると、このような結果が出たとのことです。

コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい

これって、本当でしょうか?

もし真実であれば、1日に3杯はコーヒーを飲む私は心筋梗塞まっしぐらということになります。。

 

ですが、これには交絡が絡んでいます。

ということで、「コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい」に関して、交絡因子を考えます。

 

まず、要因とアウトカムを整理しましょう。

要因:「コーヒーをよく飲む」

アウトカム:「心筋梗塞になりやすい」

 

喫煙は交絡因子になるか?

「コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい」が間違っていると仮定します。

すると、違う要因(交絡因子)によって見かけ上、「コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい」という関係性が出てきただけ、という風に考えることができます。

すると、私たちが考えなければならないことは、以下の2つの条件に当てはまる交絡因子を見つけなければなりません。

 

  1. 心筋梗塞になりやすい因子
  2. コーヒーを飲むことと関連がある因子

 

この2つの条件を満たしそうなのは「喫煙」ではないでしょうか。

あなたもぼんやりと「喫煙かもなぁ」ぐらいに思っていたかもしれません。

図式化すると、このような関係があるかもしれないということです。

では、この喫煙が交絡因子の3条件に当てはまっているかどうかを考えてみましょう。

 

1. アウトカムに影響を与えるか?

まずは、1つ目の条件に当てはまるかどうかを検討してみます。

1つ目の条件とは、「アウトカムに影響を与えるかどうか」でした。

では、今回の「コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい」に関してのアウトカムはなんだったでしょうか。

 

そう、「心筋梗塞になりやすい」がアウトカムですね。

 

では、喫煙すると心筋梗塞になりやすいか?

と問われれば、それはYesです。

下にも図を貼り付けましたが、

タバコのパッケージにこのような警告がすでにされております。

そのため、1つ目の条件はクリアしております。

 

2. 要因と関連があるか?

次に、2つ目の条件に当てはまるかどうかを検討してみます。

2つ目の条件とは、「要因との関連があるかどうか」でした。

では、今回の「コーヒーをよく飲む人は心筋梗塞になりやすい」に関しての要因はなんだったでしょうか。

 

そう、「コーヒーをよく飲む」が要因ですね。

では、コーヒーをよく飲む人は、よく喫煙をするのか。

私自身、正確なデータを把握しておりませんが、これも言えると思います。

喫煙所ではよく缶コーヒーを持っている人を見かけますし、カフェで禁煙席はガラガラなのに喫煙席は満席、といった状況をよく目にするためです。

そのため、二つ目の条件は当てはまりますね。

 

3. 中間因子ではないか?

最後に、3つ目の条件に当てはまるかどうかを検討してみます。

3つ目の条件とは、「要因とアウトカムの中間因子ではない」でした。

中間因子という言葉が難しいですが、今回の例ではこういうことです。

「コーヒーをよく飲むことによって、必ずといっていいほどの人が喫煙をする、その結果心筋梗塞になりやすい」

という関係が当てはまるかどうか、ということです。

どうでしょうか?

当てはまると思いますか?

 

当てはまらないですよね。

つまりコーヒーをよく飲む結果として喫煙をするわけではないということです。

私もコーヒーはすごく飲みますが、喫煙は全くしません。

なので、コーヒーを飲むことによって喫煙をする、という関係性は成り立ちません。

よって、中間因子ではないため、3つ目の条件が当てはまっています。

 

最後に、もう一度喫煙が交絡因子であるかどうかの図を提示しておきます。

なんども眺めてみて、喫煙が交絡因子である3つの条件に合致しているか、考えてみてください。

 

まとめ

色々な現象は、交絡因子によって歪められている可能性があるため、よく考えることが重要です。

 

要約、検定よりも重要なこと:臨床試験デザインカテゴリの最新記事