パラメトリック検定とノンパラメトリック検定

パラメトリック検定とは?

平均値と中央値が違う場合、でも少し触れていますが、パラメトリック検定というのは、「事前にデータの分布を仮定している検定」になります。
例えばT検定だと、データは正規分布に従っていることが前提になります。つまり、正規分布に従っていないデータに対してT検定を実施すると、有意になりにくくなります

 

ノンパラメトリック検定とは?

ノンパラメトリック検定とは、パラメトリックじゃない検定です。つまり、「事前にデータの分布を仮定しない検定」になります。
例えば、Wilcoxon検定というのが、ノンパラメトリック検定の一つになります。この場合、データがどんな分布(正規分布や対数正規分布など、何でも)であっても、有意になりやすさというのは同じになります。

 

どっちを使えばいいの?

ではパラメトリック検定とノンパラメトリック検定の、どちらを使えばよいか?というのが疑問になると思います。ですが、そこには答えはありません。大事な考え方は、「母集団がどのような分布になるか」を考えて決めるということです。
決して「得られたデータに一番フィットするという考え方で検定方法を決めてはいけない」のが重要です。

統計は難しい。
これは、私が統計を仕事とする前までに抱いていた幻です。

ですが、実はデータをまとめたり、結果を解釈するだけであれば、それほど難しい知識は不要であることに気付きました。
そして、統計が何をやっているのかを「イメージとしてとらえる」ことが重要であると感じたのです。

こちらのメルマガでは、統計をイメージとしてとらえられるように、動画でまとめました。
今ならメルマガ登録の無料特典として以下の3つの資料を進呈しております。

1.イメージでとらえる統計学
2.イメージでとらえる推定
3.イメージでとらえるP値

ぜひ登録して、イメージを持った統計学への扉を開いてください。
登録はこちらです。

https://maroon-ex.jp/fx46970/oQ2DkN

HOME プロフィール お問い合わせ